結婚にまつわるプチ失敗談

2015年、あけましておめでとうございます。
picoliscoも立ち上げて丸2年が経ちました。

ホームページは一切進化のない堕落っぷりですが、
picoliscoの活動はアリの歩幅ほどで少しずつ進んできている気がします。
何事も地味に腐れず続けてみるものですね。

さて、昨年は結婚という大きなイベントがあった私ですが、
この最中に地味にメンドクサイ失敗をしました。

それは「身分証明書問題」。

なかなかこんな状況になる人も少ないと思うので、
未来の夢あるご夫婦への注意事項として書かせていただきます。

私、運転免許(ウルトラペーパードライバー☆テカテカのゴールド☆)の
更新時期がたまたま入籍して数週間後だったんです。

役所に何度も行くの面倒だし、免許更新所もそこまで近くないし、
「よーし、これはいい機会だからその時に全部変更しちゃお☆」
と、ある意味当然の判断をしたわけです。

そして類い稀なる記載事項の全変更をして新しい免許をゲッツ!

新しい免許を身分証明書にして、各種名義変更に行こう!
・・・と考えたのが間違いだった。

なんと、変更したことが証明できないと、
名義変更の身分証明書にならない
と言うのです・・・!!!

つまり、今までの免許証の裏に「氏名変更」と特記事項として書かれていれば、
免許証のみで証明書になるのですが、そうでなければ戸籍抄本を求められます。

住基カードは裏面記載になったのですが、
(↑picoliscoは自営業ですので!確定申告用です。)
証明書として受け付けてくれないところもありました。

戸籍抄本を取りに行く場所は本籍地。
遠くはないけど地味に面倒な距離・・・。

私は郵送で取り寄せましたが、
発行手数料や書類を埋める作業の時間を考えたら、
結局、更新回数をケチった分くらい、時間もお金も費やしたんじゃないかと思えるほど。

銀行口座やクレジットカードは特に確認が厳しいです。
お気を付けください。

もし、私と同じようにたまたま入籍と更新の時期がカブった方は、
早めに住民票を多めに取っておくことをオススメします!

入籍してから数日経つと、住民票に婚姻届を出したことを
備考欄に入れることができるみたいです。

でもそれは入籍後ある程度しか記録が残らないみたいで、
後から申請しても無理みたいです。
(お住まいの地域によると思うのですが)

私は運良く初期はそれで乗り切ることが出来ました。
(親切な窓口の職員さんたちありがとう!!!)

でも、あんまり使っていないようなところは
名義変更をしばらく忘れていて、戸籍抄本コースでした・・・。

思いがけないお役所仕事の穴。
どなたかの参考になりましたら幸いです。

というわけで、今年もみなさま楽しい一年になりますように☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA