目覚ましと私~挫折の歴史

私はとにかく寝起きが悪いと自負しています。

長いこと悩みの種ですし、どうにか良い方法はないかと色々なものを試しました。
結論から言って、私に有効な手段はなかったのですが(^^;)
同じく寝起きの悪さで悩んでいる方の中でどれかが合う可能性もあると思い、
様々な目覚ましの種類を紹介したいと思います。

素晴らしい製品を開発されているメーカー様をディスる気持ちは全くありません!
それ以上に私の体がバカなんだと思います。はい。

スリープトラッカー

登場してすぐ、とても話題になった時に買いました。
※2020年現在、公式サイトがなくなってしまったので、もう製造中止のようです。
確か、初代と2代目のレディースサイズを利用しました。
初代はフリーサイズだったので、少々大きすぎまして。

精密機器なだけあって、かなり良いお値段なのですが、
それでも試してみたくなるくらい、私は切羽詰まっていました(^^;)

手首の脈から睡眠リズムを検知して、
起きたい時間前の一番スッキリ起きれるタイミングで
目覚ましビープ音が鳴るという製品です。

そのリズムの把握は素晴らしいものでしたし、
グラフを見るのも非常に楽しかったです。

しかし、私は設定できる時間内に
スッキリ目覚められるタイミングが来ないということが発覚。
結果的に気持ちよく目覚められない時間、
目覚まし設定ピッタリにアラームが鳴り、
あまり恩恵にあずかれませんでした。

まぁ当時の睡眠波形はものすごくブレブレでしたし、
それを知ることが出来ただけでも収穫があったように思います。

ナンダクロッキー

非常に愛嬌のある形ですよね。
こういうトボけた顔の子は大好きです(笑)

車輪が付いているところからわかるように、逃げる目覚ましです。

アラーム音も工夫されていて、かなりけたたましい、不快な音が鳴ります。
逃げる動きもランダムで、急に方向転換するので、捕まえるのは一苦労。
衝撃吸収もバッチリ。
サイドテーブルから床にドン!と落ちても、ものすごい勢いで逃げて行きます。

しかし私はどんなに彼を追いかけ回しても、
止めた後にもう一度寝れるという、すさまじい睡眠欲の持ち主でして。
しかも、しばらく使っていたら、
アラームが鳴る前のかすかなモーター音で
止められるようになってしまいました(^^;)

でも可愛いので、今は普通の置時計として使っています。

目覚ましライト

残念ながらこのメーカーさんはもう製品を作っていらっしゃらないようですが、
類似品はたくさんあります。
色々と調べて、当時はこのデザインが一番カッコよかったので、購入しました。
Amazonさんにいつ買ったか丁寧に報告されました(笑)

睡眠リズムも運動もダメときたら光だ!と。

その頃は「朝活ブーム」が始まって、
起きる時は太陽光を浴びましょうという話が再燃したこともあり。
光を利用してみよう!と思ったわけです。

このライトは非常に優れもので、明るさの段階調整が細かくできます。
寝る時は赤みが強い光、起きる時は青みが強い光、という感じで自由自在。
目覚まし機能が働いた時は、徐々に明るくなります。
パワー全開の光はかなり眩しいです。

当時住んでいた部屋の窓が北向きであまり陽が差さなかったので、
人工的でも明るくなれば起きれるかなぁと期待したのですが。

明るくなっても起きませんでした(-_-;)

目覚ましの最大点灯時間(確か60分)が過ぎて、
消えるまで寝続けたことも数知れず。

でもカッコイイので、今もベッド横のデスクライトとして有効活用しています。
明るさが調節できるので、本当に便利なんです!

アプリ

スマホが登場してから、数々の睡眠記録アプリが出ていますね。

私はAndroidユーザーなので、
過去にSleep as Androidを使ったことがあり、
最近、Sleep Cycle alarm clockを入れてみています。

でも、私は寝る直前まで色々やって、寝落ちしたい方なので、
寝る前に「開始」ボタンをタップするという一手間ができず、
あまり続けられていません。

しかも、結婚してからは旦那と同じベッドで寝るので、
どちらの振動か上手く検知できないこともあるようです。
旦那に全然違うタイミングで起こされることもありますし、
全く睡眠リズムを活用できていません(^^;)

結婚してから気付きましたけど、
こういうのって一人で寝る人用なのかもしれないですね。

バージョンアップ前のUNIQLO WAKE UPは音楽が良くて、愛用していました。
天気によって音楽が変わるところも良かったです。

服装や持ち物をすぐ判断できてすごく良かったのですが、
睡眠サイクルを取得しないとアラームが鳴らない仕様になってしまい、
前述のように寝る前にポチッと、ができない私には
使えない代物になってしまいました・・・。
ぜひ仕様を戻していただきたい、UNIQLOさん!

その後からはあさとけいを愛用しています。
これも音楽が爽やかでとてもいい!
お出かけ時間のカウントダウン機能が重宝しています。
まぁガン無視してしまうこともしばしばですが・・・。

まとめ

色々試していた頃は睡眠障害気味だったのが
上手く行かなかった一因かも、とも思います。

今は夜型の仕事で早起きする必要もなくなりましたし、
睡眠導入剤に頼る必要もなくなりました。
相変わらず寝起きは悪いですが、マシにはなったと思います。

また、引っ越して自然と太陽光が入るようになったら、
以前よりも快適な目覚めになっているような気がします。
やっぱり自然の光には敵わないのか・・・。
でもそれだと、雨や曇りだと起きれないという弊害もあったりして。

全く参考にならない結論だとは思いますが。
ストレスを溜めすぎないことが最も有効な目覚ましなのかも、
と思う昨今の舞々なのでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA